本日の競馬予想

3/23 ウィナーズカップ準決勝 日経賞

G2ウィナーズカップ 大垣 準優勝戦

 

10R

7−1、2、3、5、9

7−1、2ー1、3、4、5、9

コマ切れ戦であることと、メンバーの力が拮抗しているので予想が難しい。ここは太田が逃げる展開になりそう。そうなると松浦が有利な展開になる。展開が激しく動き、上手く三番手を取った選手が決勝に進めそうだ。三谷と吉澤のどちらかが3番手を取って勝ち上がりそうだ。松浦は、最終バックで2番手を走れるので一番連に絡む確率が高い。落車明けの三谷の調子が今一つわからないが、2日目の脇本の捲りに付いて行けなかったのは今のメンバーの中で付いていけるのは、中川くらいしかいないので仕方ない。ここは松浦を軸に買いたい。

 

11R

7−1、3、4、9

7−1、3、4、9−1、2、3、4、9

ここはラインの先頭を走る選手に強力な選手がいなく、その中でも郡司が一番強いので、番組に恵まれた感じだ。不破の逃げを郡司が捲り、中村もついていく。バック2番手でまわれる浅井、展開悪くても自力で捲れる平原や中川が上位争いをしてくる。

 

12R

3→5、1、2、7

3→7⇄1、2、4、5、7

ここは脇本が楽に勝つ。今の強さは誰も止められなくなっている。吉田は、同県の先輩を2人連れていることから見せ場のないレースは出来ない。脇本には逃してはチャンスがなくなるので、早めから逃げ体勢に入る。しかし、その逃げは楽に脇本に乗り越えられてしまう。山田は脇本の捲りについて行くことは難しそう。吉田の番手である武田が2着、3着に絡んでくる確率が高い。

 

 

G2日経賞 中山 2500m

7ー1、4、6、11、12

7−6−1、4、6、11、12

JRAの芝はノーザンと社台の運動会なので、ノーザンの馬には常に気をつけたい。ここはエタリオウからでいい。理由は、単純に力が一頭抜けているからだ。休み明けでも問題なく走るし、休み明けといってもノーザンファームでしっかり乗り込まれているので、むしろ4歳になり成長しいている可能性が高い。ここはエタリオウを頭固定でいく。相手は、中山で勝っているルックトゥワイスだ。ここは連を外さなさそうだ。クリンチャーがどこまで走れるか気になるところ。チェスナットコートはオーストラリアの重い馬場と、スローペースから最後一気にヨーイドンとなる日本とは違うレース展開に対応出来なかったようだ。どうなるかは走ってみないとわからない。

 


最強競馬ブログランキングへ
☝️ポチッと応援お願いします👇

競馬ランキング
☝️ランキングに参加してます!ブログを毎日更新するモチベーション維持になるので、応援お願いします